Hands-on Investment

アイシーピーでは、各投資担当者が投資先企業に深くコミットする ハンズオン投資を行うベンチャーキャピタルです。

1. 業種の絞り込み
投資対象業種を絞り込み、その分野における専門性および事業の理解度を高める。

2. 経営へのコミットメント
各担当者当り年間2~3社の投資先に対し、社外取締役に就任し、経営課題の解決につとめる。

3. 事業支援活動
投資先企業の事業提携支援、資金調達支援等の事業成長につながる活動を行う。

4. モニタリング
投資時に設定した目標に基づいて経営状態を把握し、事業計画や資金計画の修正を指導する。

5. ゴール
株式公開だけに限定せず、M&Aも視野に入れた活動を行う。

詳しくはCNETの記事をご覧下さい。

Strategy

投資方針

アイシーピーは、成長性の高い情報通信技術・サービス分野企業へフォーカスしたベンチャーキャピタルです。投資の基本方針は、シード・アーリーステージのベンチャー企業に対して、資金のみならず、事業拡大に必要な経営ノウハウの提供や投資先企業と共に事業活動を行うことにより、企業価値を高めることを目標にしています。

投資先企業一覧へ

投資評価のポイント

アイシーピーでは以下の4ポイントに特に注目して投資評価を行います。

 

投資評価のポイント

1. 経営陣 : 該当分野で豊富な経験を有する優秀かつ信頼できる経営陣
2. 競合優位性 : 技術およびビジネスモデルにおいて競合優位性が存在
3. 市場成長性 : 一定の市場規模が存在し、高い成長率が期待できる市場
4. 適正な時価評価 : 市場環境を考慮した適正な時価評価

投資実行後のモニタリング

アイシーピーでは、社外取締役として投資先企業の支援にあたります。

月次・四半期毎に投資担当者で投資先に関する会議を持つことで、個々が抱える問題、成功事例を共有化し、個々の判断のみではなく、チームとしての力を最大限活かすシステムを導入しております。

投資実行後のモニタリング

Support

投資方針

アイシーピーは、投資後の事業支援を重視しています。各成長ステージによって、ベンチャー企業が必要とする支援は異なると考えています。

アイシーピーでは現在までに蓄積された豊富なベンチャー事業の経験をベースに、成長ステージに合わせた適切な事業支援を行い、飛躍的成長を共に目指します。

事業支援

各投資担当者は、財務、事業提携、人材、マーケティングに関して投資先企業のニーズや状況に応じて、積極的にバックアップを行います。

アイシーピーは、以下の四分野の事業支援を重点的に行います。

四分野の事業支援